注目キーワード
  1. Banksy
  2. KYNE
  3. Martin Whatson
  4. DOLK
  5. Kurry

【秘密公開】ノイズキングの額縁は他店より高額なのになぜ、売れまくっているのか? -キャンバス作品の額装編-

ここに2つのキャンバス作品の額装画像があります。2つを見比べてみて下さい。

僕が初めて、キャンバス作品の額装を手がけたのはいつ頃だったでしょうか・・・
今となっては、はっきりは覚えていませんが、額装を手がけるようになって半年が過ぎた頃だったと思います。(2007年の夏頃でしょうか。)

まだまだ勉強中の身で、正直、今と比べると額装の知識がつたなかった中、「厚みがあるキャンバス作品も額装できるのですか?」とあるお客さんから質問をいただきました。

(そういえばキャンバスのような立体作品の額装はノーマークだったな・・)と気付き、キャンバス作品の取り扱いが増えていたことも後押しして、速攻で額縁職人に聞いてみたり、ネットで調べたりしてみました。

調べてみると、その当時はアクリルBOXで飾るか、冒頭の画像の左側のようにピッタリと額縁にはめ込む方法しかありませんでした。

長年アートに携わったプロの方々からすると、「キャンバス作品=絵が描かれている正面にこそ価値がある」と捉えられているのかもしれませんが、僕は芸大を卒業したわけでもなく、ある意味、素人ということもあり、固定概念がないため、木枠を含めたキャンバスの立体感にも魅力を感じていて、せっかくの立体感が消されてしまう従来のキャンバスの額装にその時、とても違和感を感じました。

アクリルBOXを使用するとスケスケなので立体感は保たれますが、全く色気がなく、これは使えないなと思いました。

08222205_53f73ffedb093

色々と思考錯誤した結果、あみ出した額装方法が現在まで続いている額縁とキャンバスの側面、キャンバスとアクリル、双方とも間隔をあけてゆったりセッティングする方法です。

この方法で飾るとキャンバスの立体感が損なわれないので、作品も心なしか嬉しそうです^^
(アート作品を愛するあまり、つい擬人化してしまいます)

_DSC0853
アーティストの多くは、キャンバス作品は側面にサインやナンバーを入れるので、この額装方法が必須となります。


写真のように裏面をくり抜いて、裏面のサインやエディションナンバーを見せることもできます。

b1

額装の斜め前に立ち、アクリル越しに見えるキャンバスの角と側面を見た時に、僕のこの方法へのこだわりがご理解いただけると思います!

もちろん、見栄えだけでなく、作品の劣化も額装が守ってくれます!

「ノイズキングさんが提案してくれた立体額装に決めて本当によかった。」と、ご依頼いただいた全てのお客様から満足の言葉をいただいており、

「自分の独りよがりじゃなく、この額装方法はやっぱり歴史的な発見だったんだ!」と自信を深め、10年近く、ずっと変わらず多くのお客様にご提案させていただいております。

こちらからキャンバス作品の額装例をご覧いただけます。