注目キーワード
  1. Banksy
  2. KYNE
  3. Martin Whatson
  4. DOLK
  5. Kurry

【裏話】Banksy/バンクシーが世界進出する直前に見直したこととは?

Banksy(バンクシー)が、グラフィティアーティストとして活動をスタートさせた頃、彼の作品が購入できたのは、POW(Pictures on Walls)以外に、レコードショップ、書店、ブティックなどでした。

言わば、雑貨に近い感覚で販売され、当時は、母親が「息子の部屋に飾る絵にいいんじゃない?」 と、買い求めていくこともあったそうです。

2006年、世界進出(LAでのショー)を控え、Banksy(バンクシー)のペーパー作品はそれまで印刷されていたPOWの手を初めて離れ、進出先である本国アメリカの印刷会社 Modern Multiple(モダン・マルチプル)に依頼したのです。

この「Applause」という作品も、サイズが縦、約80センチ、横が約1メートル20センチの超大型の作品でありながら、背景の黒白の濃淡具合を表現するため、何層ものシルクスクリーンの版を重ね、細部にまでこだわって制作されています。

仕上がった作品を見たバンクシー本人とPOWは、アメリカとイギリスのシルクスクリーン印刷の技術の違い(というよりは、熱量?)を見せつけられ、さらに印刷の質を向上させなければ、、、と大切なことに気がついたでしょう。

それ以降の作品はシルクスクリーンのクオリティも、使用する紙のクオリティも、どちらも明らかに上がりました。

ロサンゼルスで開催されたショー「Barely Legal」をきっかけに、世界中のアート・マーケットから注目を浴びるようになり、コンテンポラリーアートを主に扱うギャラリーも、ペーパーのサイン・エディションとペイントものを中心に取り扱うようになりました。

 

今あなたが、2006年当時のバンクシーのようにすでに一定の成功を収め、これから次のステージへ挑戦していく人なら、ぜひ部屋に飾って、いつも眺めておいて欲しい作品です。

いつもあなたの側で、挑戦を称えていてくれるはずです。

Banksy

Applause(エディションナンバーのみ)COA付き

Banksy/バンクシー

エディション作品(COA証明書付き)リストへ

ノイズキングで販売しているBanksyのエディション作品は、すべてに本物の証となるPest Control発行のCOAが発行された作品だけですので安心してお買い求め頂けます。