注目キーワード
  1. Banksy
  2. KYNE
  3. Martin Whatson
  4. DOLK
  5. Kurry

ついに新作フレーム/額縁「wabisabi」が完成いたしました!

NO IMAGE

僕と家具職人、2人の前に様々な難問が立ちはだかり、試行錯誤の中、スタートした新作フレーム/額縁の「wabisabi」。本日ようやく完成させることができました。

wabisabi1

大量生産のなんちゃってアンティーク加工のフレームでは絶対に出すことのできない、
新品なのに何十年もずっとそこにあった様なリアルな経年劣化を
表現することができました。

日本人の心に流れる「侘び寂び」の精神を西洋文化のフレームに落とし込むことに見事に成功した、
と自画自賛しております。

wabisabi2

日本庭園を造る庭師と茶室を建てる大工は常に全て完璧な計算の上で造り上げていきますが
あたかも偶然の産物により行き着いた様な、自然の結果のように見せる技を求められます。

このwabisabiを手がける事でフレームを介してその技、境地に少しは近づけたかと思います。

次は、ナチュラルアンティーク。

wabisabi3

さて皆様、フレーム/額縁「Wa・bi・Sa・bi」では、どの作品をお飾りいたしましょう?
是非、マットボードもとびっきりを贅沢にチョイスして下さい。

wabisabi4

ブラックブラウンとナチュラルアンティークの2色を来週、発売開始いたします。

現在、販売開始しています。

フレーム、額縁 「wabisabi Natural Antique」販売ページへ

フレーム、額縁 「wabisabi Black Brown」販売ページへ

フレーム、額縁 「wabisabi Charcoal」販売ページへ